住宅ローンについての基礎知識を身に付ける まず諸費用

 

住宅ローンについての基礎知識を身に付ける

 

貯蓄で足りない住宅資金は、住宅ローンで支払うことになります,ローンの仕組みや借入先の違いなどを理解し、吟味して選ぶことが大切です。

金額が大きいので金利の動きに注意

 

貯金では足りない額を補う?用をすべて?金で意できればいいのですが、貯めるまでに時問がかかり過ぎて、現実的ではありません。そこで、貯金では足りない住宅?用を、住宅ローンを組んで支払います。

ローンと即くと“借金”のイメージが強いですが、現金で家を?える人はごく稀なのでさほど心配はいりません。

 

現在は民間融資が主流に

 

ローンには、大きく分けて「公的融資」と「民丨!丨?融資」の二つがあります。「公的融資」とは、財形住宅融資(?P124)や自治体融資(―P128)など、公的機関が関わる融?のことです。

それに対して「民丨?融?」は、銀行などの以問金融機関による住宅ローン
のこと。なかでも、住?金融支援機構(?1)116)との提携ローン「フラット35」は、銀行だけでなく住宅ローンW-門会社などでも扱われます。そのほか不動鹿会社の提携ローンで生命保険会社や信販会社のローンもあります

 

金利の上昇には注意する

 

ローンで借り入れたお金は、利息を付けて返します。気を付けたいのが、変動金利だと金利に上下があること。数字だけを?ると、2%から3%になっても大した差はないように思えます。しかし借人金が高額のため、長期問利息が加わり続けると返済総額が大きく変わってくるのです。

金利が変動するタイプの商品を選ぶときは、金利が上がったときのこともシミュレートしておきましよう。

複数の金融機関でローンを組める?

 

住宅ローンは、取得する住宅を担保として契約します。なので、異なる金融機関でそれぞれローンを組むことは、権利が競合してしまうため困難。複数のローンを組むのであれば、借入先は一つにしぼりましょう

 

 

 

 

コメントを残す