住宅ローン フラット35のデメリットや評判

住宅ローン フラット35のデメリットや評判

 

 

住宅ローンの主役フラット35を知る

公庫融資の替わりとして、住宅ローンの基本となっているのがフラット35です,どんな商品なのかまずは仕組みから説明しましよう。

 

完済まで金利が変わらないローン

 

買取型と保証型がある

 

住宅金融公庫が廃止されてからも、金融機閲が定期固定金利のローン商品を提供できるようにと、住宅金融支援機構が支援する事業がフラット35です。

フラット35には、ローンの?権を住宅金融支援機構が買い取る買取と、住宅金融支援機構が金融機閲に対して保証をする保証型の2タイプがあります。金利や融資金?などは変わりませんが、取り扱い金融機関の数が、?取?のほうが圧倒的に多いこともあり、買取型が主流です。

 

 

フラット35の仕組み

 

フラット35はまず、消費者が民間の金融機?にローンの込みをします。

 

所定の基準をクリアしてフラット35が利用できれば、金融機関から融資が実行されます。ローンの返済も金融機関に行います。

金融機関はローンの?権を住宅金融支援機構に譲渡されると、機構はその?権を証券化して投資家に売却し、運常資金を得ます。

 

 

さまざまなメリットがある

 

フラット35の最大のメリットは、長期の固定金利型であることです。金利が上がっても返済額が?えず、借り入れ返済額がわかるので、返済計?が立てやすくなります。また、8000万円まで融資が受けられることに加えて、保証人や保証料、繰上げ返済の手数料も不要なこともメリットといえるでしよう。

 

 

コメントを残す