中古マンション購入の流れや検討ポイント

 

中古マンション購入の流れや検討ポイント

 

 

同じマンションでも新築と中古では検討すべきポイントに違いが出てきます。価格の安さだけを追求せず、物件のクオリティを確かめましょう

 

 

築年数や管理形態に問題点はない?

 

ねらいめは築5~10年

 

マンションに限らず、中-心の物をHうときに一番大事なのは「問題なく使えるか」ということ。まずは、これからトラブルなく生活できるコンデイションかどうかを確かめてください。

一般的なマンションなら、築15年を超えると大規模な改修が必須になってくるので、築5?10年までの物件を考えたほうがよいでしよう。そのうえで、水回りゃ?気?ガスなどの設備、共有部分の状態などをチェックします。

 

管理組合と居住者の関心度

 

管理の状態は、新築マンションと同様に甫要なポイントです。符理会社と?理組合がしっかりしていれば問題ありませんが、両者がなれ合い関係になって形骸化している場合もあります。

理事の決め方や理事会?総会の開催頻度、さらには店伐者の符理意識が高いかどうかも知っておく必要があるでしょう。ろくに議事録もないようなマンションは買わないことです。

 

 

隣りは何をする人?

 

新築マンションでは隣人を選べませんが、中古なら別。むしろ居住者の素性や年齢は検討すべきことです。たとえば、買おうとしている部屋が家族向けの3LDKでも、隣りがワンルームの部屋なら住人は一人暮らしの若い人で、夜な夜な仲問が染まる“たまり場”かもしれません。図面を?たり物作?に足を運んだりして、自分たちのライフスタイルに近い人たちかどうか確認しておきましょう。

 

中古マンションは値引き交渉できる?

 

売りに出た中古マンションには当然、“売る理由’’があります。もし売り主が売却を急いでいるなら、値段交渉してみましょう。値引きが難しければ、壁紙の張り替え代をサービス、などの交渉を検討します。

 

 

コメントを残す