中古一戸建て購入時の注意点と検討ポイント

 

中古一戸建て購入時の注意点と検討ポイント

 

 

建物や設備がきちんと機能しているかだけでなく、売り主の信用度やローンが組める額など、中古住宅に特有の注意ポイントを押さえましょう.

新築にはない注意点を知っておく

 

なぜ売りに出されたか

 

新築住宅はまだ誰も住んだことのない住居ですが、中古住宅は当然ながら前に誰かが住んでいた住居であり、さらにその人が売りに出した住居ということです。となると、まずはその売却理山に注百する必盟があります。すべての屮み住宅に問題があるわけではありませんが、なかには「隣家ともめている」「過去に自殺や凄惨な事故などがあった」といった理由で売りに川されている物件もあるのです。売却理由はできるだけ詳しく確認しておきたいところです。

もしかしたら、土地に抵当権が設定されていたり、ときにはローンの返済が残っていたりすることも。念には念を入れてチェックしましょう。

 

古い法律で建てられた?

 

中古住宅は新築以上に建物のコンデイションをチェックする必要があります。外?や水回りなど傷みやすい部分
を中心に、状態のままで暮らせるのかどうか確認しましよう。また、築年数が古い物件は昔の法徘に沿っていますから、改築や建て替えができないケースもあるので気を付けてください。

 

 

可能なローン額も確認を

 

住宅ローンは、物件(評価額や物件の条件)と申込者の両方を審査して融?額が判断されます。つまり物件の評価額が低ければ、融資額も少なく抑えられるケースが多いのです。事前に仲合業者や借り入れ予定の銀行などに問い合わせておきましよう。

 

建築基準法

 

昭和25年月23日に施行された、敷地や建物など建築物に関する総合的な規定。この法律が全国共通の基準となり、実状に沿った細かい条例などが地方自治体ごとに定められている。

 

参考になりましたら幸いです。

 

コメントを残す