フラット35とは?審査や基準などを分かりやすく解説

フラット35とは?審査や基準などを分かりやすく解説

 

 

フラット35の基本データと融資までの流れ

フラット35を利用するためにはいくつかの条件がありますその条件を説明するとともに、融資までの基本的な流れを追ってみましょう。

申し込みには適合証明書が必要

100%ローン利用が可能に

 

フラット35を利用するには安定した収入が必要となります。また、年収にみめるすべての借り入れの年叫返済額の割合が決まっています。年収400万円以下の場合30%以F、年収400万円以上の場合35%以下で、たとえば年収400万円の場合、年間の返済額は120万円以下、つまり月にならすと10万円以下となります。ちなみに、すべての借り人れとは住宅ローンだけでなく、車のローンやカードのリボ払いローンなども含まれるので注意してください。

借り入れ金額は100万円以上8000万円以下で、以前は建設費または購入の90%までしかローンを紺めませんでしたが、現在は100%の利用が可能です。つまり条件さえクリアしてれば、頭金なしの100%ローンという形でも往宅購人が可能となったのです(ただし、税金などが必要となるので、実際すべてをローンでまかなうことはできません)。

 

申し込む流れの違いを知る

 

フラット35で融資決定までの流れは、新築住宅を購入するとき、中古住宅を購人するときで変わってきます。一から建設する場合は、まず借り入れ中込みが必盟です。一方、新築住宅の場合、売り主が設計検査を申請し、合格した物件のみがフラット35利用可能住宅となります。住宅の場合は、物件検査に合格すれば借り入れを申し込めます。どの場合も、その物件がフラット35が定める建築基準に適合していることを証明する適合証明書が必要です。

 

 

適合証明書

 

フラット35が定める一定の技術基準に適合していることを証明するもの。この適合証明書がないとフラット35を利用することができない。適合証明書は検査機関が発行する
 

 

コメントを残す