住宅ローン金利の比較やシミュレーション

 

住宅ローン金利の比較やシミュレーション

 

 

各地の自治体にも住宅口ーンがある

 

公的融資のなかでも、特に好条件のものが多いのが自治体融資です,住む予定の地域だけでなく、職場がある自治体の制度も調べておきましょう。

 

 

条件は厳しいが格安ローンが多い

金利が有利な公的融資

 

都道府県、市町村など、各向治休には住宅取得費用の融資制度があります。ただし、住宅を取得する地域に一定期間住んでいるか、住むことを予定している、または地域内の職場に勤務していることが条件。この条件は各自治体によって興なります。

自治体融?は、融資に比べると金利が低めの場合が多いようです。しかし、融資は受けられなかったり、返済期間が短かったりという制限もあるので、詳細については事前に向治体の窓口に間い合わせましょう。

 

 

直接融資と間接融資

 

融資方法には、「直接融資」と「間接融?」の2タイプがあります。
「直接融資」は、利用者への融資金を各自治体が年度予算の中から、貸す方法です。

「間接融資」は、指定の金融機関を通じて融資を行う方法で、さらに“融?斡旋”と“利了-補給”の二つの力-法に分かれます。

前名は、自治体があらかじめ特定の金融機関に補助金を出し、金融機関はその分を差し引いた低金利のローンで利用者に融資を行います。

後者は、利用者が指定金融機関で口ーンを組むまでは同じですが、自治体から金利の全額または-部の補給を受ける方法です。この補給は、利用に直接行われる場合と、指定金融機関を通して行われる場合があります。なお、多くの場介、補給期間は35年ほどの短期間に限定されています。

 

 

全自治体に融資制度があるわけではない

 

自治体の財政が苦しければ制度自体がないこともあります。また、木造建築の耐火工事など、特定の工事を推奨するために融資対象を制限する自治体が増え、単なる購入費や建設費の補助は減っているのが現状です。

 

 

コメントを残す