住宅ローン 銀行の比較とおすすめ

住宅ローン 銀行の比較とおすすめ

 

 

民間の住宅ローン 都市銀行系

柔軟な資金計画を望む人には銀行のローン商品の多様性は魅力なかでも都市銀行系の金融機関は、常に新たなローン商品開発の先駆者といえます。

 

ローンの選択肢がグッと広がる

銀行独自の住宅ローン

すでに紹介したように、住宅ローンの主流は旧公庫の融資からフラット35へ移行しましたが、フラット35を扱う銀行にも各行独自の住宅ローン商品があります。

金利の低さではどうしてもフラット35に分がありますが、銀行の住宅ローンが勝っている点としては、
・融資額の制限がない
・借り換え先としても利用できる、といったことが挙げられます。

シロアリ愛知

 

金利のバリエーションも豊富

銀行の住宅口ーンは一般的に金利夕イプの選択の幅が広めです。全期間?定金利Mと変動金利咽のほか、一定期間金利を固定できる固定金利選択型、なかには借入額の一部を?定金利にするミックス型などもあり、自分たちに合った金利タイプを選べるのはメリッ卜の一つです。

 

ローンに申し込むとよいことも

銀行ローンのなかで中心となる都市銀行は、常に新しい商品やサービスを提案しています。フラット35以外の独Rローンに中し込むと、そうしたサービスを受けることができます。

たとえば、三菱來京UFJ銀行では、7大疾病に対応する特約を付けられます。また、三井住友銀行は、全てネット上でできる上に、ネットからなら繰り上げ返済手数料も無料。さらに、三井住友銀行とりそな銀行には、女性専用の優遇ローン商品もあります。

 

諸費用ローン

保証料や手数料といったローンを組むための費用、登記費用など、住宅購入または建築費以外の支払いに使えるローン。融資を受けるには、同じ銀行の住宅ローンを利用することが条件です。

 

コメントを残す