戸建て 売買契約を結ぶときに気をつけたいポイント

 

戸建て 売買契約を結ぶときに気をつけたいポイント

 

 

建物や土地の売買において、売り主は買い主に重要事項説明を行う義務があります。売買契約書の注意点と合わせてチェックポイントを押さえます

 

“重要事項”の説明を受ける

「重要事項説明」とは、不動産の販先会社に義務付けられている、当該不動産の“素性”についての説明です。必ず文書を交付して行われます。本来は売買契約のしばらく前になされるベきものですが、実際には契約の前に説明されることが少なくありません。期間をかないのは業者の都合ですから、契約の前日までには重要事埙の説明を受けるように要請してください。

物件内容と取引条件を確認

要事項説明のおもなチェックポイントを右ページに示しましたが、大きく分けると「当該不動産についての説明」と「取引の条件についての説明」の二つから構成されます。

 

物件そのものに関することは、登記簿の記•成や現在の法令に合致しているか、権利形態はどうか、ライフラインは整備されているか、などです。取引についての事項には、契約の解除や不履行時の対処、住宅ローンに関する取り決めなどがあります。

 

重要事项説明が済んだら、いよいよ売買契約を結びます。ほぼ重要事項説明で確認しているため、売買契約の場はつい気が緩んでしまいがちです。しかし、説明と同じくらいに売買契約は大事なもの。契約項説明の内稃と-致しているか、買い上に特約事项がないか、などをチェックしていきましよう。

 

 

コメントを残す