新築住宅に変身!家を建て替えるには

 

新築住宅に変身!家を建て替えるには

 

古い家を壊して、同じ土地に新しく家を建てるとき、どんなことに注意したらよいでしょうか全体の流れと合わせてチェックしておきましょう。

新築時と違うのは解体工事と仮住まい

解体工事の直前に退去

建て待えでまずやることは、新築時と同じく業者探しです。
設計事務所に頼むか、ハウスメーカーまたは工務店に発注するわけですが、解体工事は施工業者がやってくれるので、解体専門の業者を探す必要はありません。

依賴先が決まったら、新設計から確認までを先に済ませます。今住んでいる家から退去するのを、解体が始まる寸前にすれば、仮住まいの期が短くて済みます。

平成14%:に建設リサイクル法ができてから、解体はそれ以前の23倍、坪当たり34万が平均となっているので、この分も忘れずに用意しておきましょう。
解体工事はだいたい1週ほどで終わります。

 

仮住まい探しは早めに

解体が始まってから新築が終わるまでは、家族が生活する仮住まい先が必要です。
近所の物件を選ぶのですが、なかには短期不可の物件もあるので、仮住まい探しは設計の打ち合わせと並行して開始しましょう。
また、何物が多い場合はトランクルームを使うと便利です。

 

法的規制をチェックする

建てかえで特に注意したいのは法伴の問題。
50年以上も前の家には検査済証すらない場合もあり、家よりかなり小さな家しか建たないケースもあります。
そのほか、必ず現行法と照合しましょう。

 

コメントを残す