注文住宅 家族の希望を最大限に盛り込める

 

注文住宅 家族の希望を最大限に盛り込める

 

 

業者選びから設計、施工と必要なプロセスが多い分だけ納得のいく家に仕上がります。

 

 

注文住宅は土地探しから

住みたい家のイメージがより具体的に決まっていて、それが建売住宅ではなかなか付からないとき、設計の段階から家づくりを始めるのが注文住宅です。

自分の上地がなければまず土地探しから始めます。

土地はマンションや建売住宅のように大規模な広告は少ないので、近所や住みたい町の不動産業者をめぐったり、新聞の広告記事をチェックしたりして探していきます。

 

 

設計と施工の業者を決める

土地を手に入れたら、次に設計菜者と施T業者を探します。

設計業者といえばまず設計事務所が思い浮かびますが、ハウスメーカーや工務店に依頼することもできます。

事務所の仕事は設計と監理なので、工事そのものは改めて施工業者を探して発注します。

ハウスメーカーや工務店は施工も行うので、設計と施工をまとめて一つの業者に発注できます。

設計が決まったら打ち合わせを重ね、設計が完成したら施工業者に発注しますが、事務所が業者を紹介してくれるケースが多いようです。

 

工事中は現場にも足を運んで

着工後は建築上と一緒にときどき現場へかけ、作業の様子をチェックしつつ作業たちと適度なコミュニケーションを取るとよいでしよう。

完成したら竣工検査をして引き渡しですが、ローン実行の時期や中叫金の有無など、各代金の支払い方法は事前に確認しましよう。

 

 

コメントを残す